小清水園恵

     ∋ 花園園恵

    /グリーンアーキテクト

    一級建築士

 

花園設計事務所 

〒589-0005

大阪府大阪狭山市

  狭山5-2232-3, 2-1001号

 

*設計デザインなどのご相談は

sonozono@rose.plala.or.jp

までお願いします。

玄関扉、塗りました。

昨日、今日と二日間かけて、玄関の扉にべんがらを塗りました。

一気に塗れば早いのでしょうけど、実は板一枚一枚、微妙に色を変えているのです。

なので、けっこう養生(塗る部分と塗らない部分の境界にテープを張る)が大変でした。

 

写真は、最後の仕上げで荏油という油を塗りこんでいるところ。

昔ながらの手法ですが、こうすると油が膜を作ってくれるので、耐久性が違うそうです。

普通のサラダ油は膜をつくりません。

荏油は乾性油と言って、べたべたのまんまじゃなく乾いて膜になる油です。

その昔は(紙で作られていた)番傘などの仕上げにこの油を使ったそうな。

 

荏油は、えごまというシソ科の植物から採れる油で、えごまの葉っぱは

韓国料理のキムチ漬けで見ることがあります。

リノレン酸が多く含まれていて、ヘルシーな食用油としても使われています。

 

私は何より、この油の匂いが好きなんです。

“いい匂い”って感じではありませんが、コクのある匂い。

そういえば、私の好きな素材は“匂い”がけっこうな比重を占めているかもしれません。

 

漆喰も匂いが好き。(塗る前のどろっとした状態の匂いが・・)

発酵したような匂いで、これも“いい匂い”の部類ではありませんが、

なぜかくんくんと嗅ぎたくなる匂いです。

 

もちろん、桧や杉の匂いも好きです。これは“いい匂い”の部類かな。

ガルバリウムや鉄は匂いがないけど、金属らしいキーンとしたものは

自然素材の味を上手く引き立ててくれる“スパイス”だと思っています。

 

さあ。来週は内部の壁です。

ポーターズペイントという水性塗料を自分で塗ります。

また報告させていただきます。